« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

サム 2回出る*

今の時期 ほんとうは 大雪なのだが 気温が高いのか 大雨

今日も午前中は 現場の引継ぎで 自治会長さん 市会議員さん 建設部 私と息子で 工事の打ち合わせ  交通量が多いので 道路使用許可を 警察に申請しないと とても無理 その他 小学校の通学路になっているので これまた 難儀な現場

そんなことより  やっと 経審も済んだし 雨のなか ホールへいった

主人は先に 私はかたずけすんで 8時30分頃に  明日は仕事だが この雨で 多分現場は無理だろうから 少し気分転換に  なんて 結構な理由つけて でも明日は月末

花金のせいか 客も多く すごく当たっている

Aグレス・ラムの大海 これは 7ラウンド限定だが 面白い 演出があり 人気機種

しばらく していても 一向に当たらない おかしいなと思っていたら 突然 サム出現

これは 興味のない人には どうでもよいことだが まさに プレミア これで当たると    15ラウンド出る 久しぶりにお目にかかりました 携帯待ちうけ画面です 

ところが15ラウンド終わって 10回ほど回したら なんと また サム出現 周りの人もビックリしていた もちろん 続いてというのは 初めて

その後も 順調な台で すごくよく当たる そこへ 主人見にきて 箱かなり積んでいたので  驚いていた 主人も 必殺で10連チャンしたそうな 二人が当たるのは 稀である

二人が気分良く 帰れるのは 久しぶり 大抵は私のほうが 運が良い

帰りに缶ビール と 明太子 もらって おお勝ちしてきた 主人も私もお酒だめ 次男が来た時 持たしてやろうと あの夫婦は強い 役所と看護師だもの

楽しんで お金はいる 負けた時は 遊んだと思うことにしている

馬鹿な話 こんなの書いて 喜んでいるのだから 単純そのもの 人間の程度がわかる

でも 最近の自分には いろんな意味含んでいるので スカッとさわやか なんとか

こんなお金だったら 貰って欲しいのに まだ言ってる しつこいんだから このおばさん

言い訳がましいが 孫には 毎月積み立て金して 1年生になるので 満期 嫁さんたちに渡した また 私は別に学資保険もしているので 祝い金でたので 渡した

まあ 出来る時に しているだけ いずれ したくても無理な時 必ず訪れるのだから

だから この心 何とか届かないのかな? もう やめた 愚痴ばかり言うのは

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Sターブ&Bトルズ

今では このグループのことが 私の 毎日の生活 及び 私の心を 独占している

生のライブを体験したり 昔の映像見たり これまでの自分からは 想像のつかない毎日

こんな人生あったんだ  ずっと昔 昔 と 思っていても もう今では 昨日のことのよう

先日 偶然 Bトルズの アイムダウンの映像を見た すぐ どこやらいってしまったが

それは PAULの曲なのだが 何故泪出るくらい感激したかというと Sスタジアムの実況のではなく スタジオでのレコーデングだったような 気がするのだが 確かではない

JOHNが キーボードを弾いていて その顔の表状が ちらちらPAULのほう向いて 何とも微笑ましい 嬉しそうな すごく印象的な最高の映像 今でも はっきり覚えている

SターブのJOHNの シャウト こちらの叫び 心身体全身から 湧き出ている 凄い

どちらも私の宝物

人間自分を追求し続けていくと  そのあまりの情熱に のめりこんで 必然的に根本から飛躍していく  当然の結果

それを否定は出来ない  ヨーコと出会わなくても いずれ独立 解散する運命だったのだ 平和活動に没するあまり 銃弾に倒れた  不思議なもので 以後 永遠になった

音楽的に無知な者が 知ったかぶりして 勝手な持論を言って  お叱りを受けそうだ

Sターブは 4人でカバーバンドとして 今 何もかもが充実し ファンも沢山 私もその一人  家庭仕事その他 よく頑張ってみえると感心させられる

いつまでも 楽しませて戴きたいのが みんなの望み  

私なんか 先週地区大会の券 買ったのだが 今年は 富士市 富士山なんて行ったことないので みんなは日帰りで行くのだが 主人に遅れてきて 温泉で泊まりたい たまには2人で行きたいと 頼んだら そんなに 温泉行きたいのなら 一人で行ってきたらよい

いつもこうなんだから 自分は 年2回は海外行っているのに がっくり

その反動で 告白メールしてしまった  それが 苦しめる結果になろうとは  情けない

商売していたら 無理なことわかってるやないか いつか 連れていってやる

その時には 私は 足腰立たず 絶対行けないこと わかっていて いつも誤魔化す

だから 今自分が好きなことしたい それが Sターブなのだが 考え甘かった

余計 困らせてしまう結果になって  落ち込んだが 仕事がある 孫もいつも来る

それで 幸せ  お金はパチンコで使ってしまおう それしか慰みようがないんだなあ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

経審 終わる

やっと 経審  終わった これでひと安心

公共工事に参加するには 1年に1回必ず 受けなくてはならない 重要な審査

当社は10月20日が決算日  それから色々税理士さんと 調整して 12月20日までに税務署に申告 法人税 利益少ないので すぐ納税  困るのは 消費税  これが 予定納税 半年前に 半分納税しているのだが なんとか 資金繰して  200万程納税

ここまでは 毎年仕方ない 商売小さいながら営業しているのだから これでも 原価償却費棚上げ 繰越している 全部とったら 赤字になるから マイナス決算は出来ない

そして 決算変更届けを 行政書士さんで作成しもらい 経営状況分析受け そのあと経審受ける

年末に必要な資料 だいたい準備していたので だから 年末は特に多忙だった

先週 今週と 今度は 受審のための証明書を用意しなくてはならない

納税証明 ほか 県庁や 津の建設業会館までも 行った

完成工事高によって ランクを決定するので 工事の受注が多い年は良いが 作今の状況では なかなか 思うように行かない

とにかく 業者にとって これほど厄介なものはない 皆が 終わるとほっとする

それほど 厳しい審査 また 毎年 規制が変わるのに対応していかなければならない審査でもある

そのほかにも 色々な許可申請しているが それらは 5年更新なので 少し余裕あるがそれでも 産廃など増えているので 毎年何かが ひっかかってくる

これらは 今まで 全部 私の仕事だったが そろそろ 息子の嫁さんに バトンタッチしていかないと  

明日は  先日落札した工事の契約日  もう書類関係 全部出来ている

それから 現場引継ぎ  忙しくなってくる

とにかく 3月末までは こんな状態が続くのだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人生いろいろ

歌は 聴いて楽しむ  現在の私の状態

しかし  少し前 6年前ころまでは 自分も歌っていた

公民館がこの地区で出来たとき  つまり  本町から独立して 中谷町自治会が発足時

カラオケ会を作るのに メンバーにはいった

月2回 夜 練習  地区文化祭  地元神社のお祭り 盆おどり など 歌う機会あった

婦人会 安協 などの 旅行忘年会でも 歌った  いまでは 遠い昔のことのようだ

でも  今もし 歌ってと言われたら 何も練習してないし はて どうしよう

人生いろいろ S倉千代子 これだったら 多分 大丈夫かな?

軽快なテンポ  本当に自分の人生いろいろで  よく歌った曲だから

私は 演歌  まったくだめ  皆主人含め  上手く節まわしで楽しんで みえる

ちなみに 当時 得意?だった曲 というより 好きな曲 ロックは除いて

Tレサテン 全部  K柳ルミコ 今さらジロー  K林幸子 もしかして  K林旭 熱き心に

T村新司 昴 いい日旅立ち  O村孝子 あなたの夢をあきらめないで  あと忘れた

たった一曲  ひばりさんが 亡くなった時  川の流れのように  これが好きで 何とか歌いたく 練習したが 難しい 3年かかって どうにか歌えるようになった この年の文化祭で 歌った  だれも ひばりさんのは 出てこなく  拍手喝采だった 嬉しかった

楽しんで 歌う年齢は もう卒業した

今  Sバンドのライブが 一番の楽しみ  人生それぞれ難しいことのほうが多い

この曲のように 軽やかにすごせたら  それは 夢  だって 相手の夢自分の夢

自分で 壊してしまった なんてことしてしまったのか  後悔しても 取り返しがつかない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仲間たち

今日はまず 天気が気になった すばらしい 晴れている 山際の当地は すぐ時雨たり雪が舞う  四日市は晴れでも  鈴鹿山脈の麓は天候が異なる

まず 結果から

こんな 楽しい初釜 初めてと仲間たちと 素敵なひとときをすごせた

今までも お正月最初のお稽古は それなりに雰囲気作ってたつもりで やってきた

でも 何が違うかというと 昨年 お茶事を 4月に先生社中お招きし 茶名披露 11月に学茶の先生お招きし 還暦茶事  これらを 乗り越えた経験  心意気が違う

今日は忙しい時期でもあるので  普段のお道具ばかりを使用した

良いお道具は 後の管理が大変で 出してくる暇もなかった  これでも 充分やれる

まず 初炭  炉に炭を焚く 気が引き締まる

そして 点心 (本当は懐石)  夕べ下こしらえしておいた 料理 決してご馳走ではないが 椀盛りの新上 これが上手く作れるようになった  なの花の胡麻あえ 一番出汁のとり方 そのほか やはり 昨年一生懸命練習した ことが 身についていていたのだ

美味しいと 褒めて戴いた  和やかに戴く

食事が済むと  すぐ 主菓子を戴く 今日は仲間が特注で買ってきてくださった T風月の 銘は  鶯 と 菜の花  美味しかった

そして  お濃茶  お釜のお炭も 真っ赤におこり お湯も煮えたぎる この時 松風(しょうふう)と言って  釜から  音が聞こえてくる これが 醍醐味 濃茶4人で回し飲み

ここで 普通は続き薄になるのだが 後炭点前をした これは なかなかしないお点前

そして お干菓子をだして 薄茶を点てる これは ひとり 一服ずつ 干菓子は昨日先生に買ってきたのとおなじ H乃舎の 州浜団子 と 福寿草  これがまた 美味しい

以上 流れとして一応終わり  先輩に戴いた果物をデザートとして 美味しく頂戴した

とにかく なにもかもがすばらしい みんなのこころが 一体となって こんなに良かったのは 貴女達の精進の賜物と 先輩から 褒めていただいた

こういうことがあるので 日頃 文句ばかり言っていても 辞められない世界  合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おおさわぎ

やっと 次男の二人の孫が 帰ってきた

昨日 嫁さんが迎えに行き  途中まで 向こうのご両親に送ってきてもらい 車を乗り換えたので 日帰りで帰れた

向こうは 今年は 積雪が1.5メートルもあり スキー場も 大賑わいで 孫たちも スキー板買ってもらい おもいきり遊んだと言う

本当に 可愛がってもらい 長くお世話になり 感謝している

しかし 帰ってしまうと お寂しい気持ちになってみえていると思う

今日は 久しぶりに 我が家で長男の子も 一緒に とにかく みんなが嬉しくて おおさわぎ

じいちゃんと お風呂入ると言い 賑やかで また時間も長く 主人はくたくたになった

皆 随分成長してきた 先程 帰ったが 雪は降ってないが とても冷え込み 風邪ひかねばよいがと 見送った

これで 一連の事情も終わり 元の生活に戻った 次男の状態も 良くなった

今日はお稽古の日で 先週あんなことあったので 皆心得たもので いつもにない充実した お稽古が出来た

先輩がうまく取り計らって下さり 私も 昨日市役所へ用事があったので 帰りに 近鉄百貨店に寄り お干菓子を買い 持っていくという ごますりもした

先生 大喜び 今は便利になり 桑名のH乃舎のお菓子が 四日市で手に入る

炭所望  花所望 唐物  濃茶付花月  炭付花月 こんなお点前  久しぶり嬉しかった  みんなも 帰りに こんなお稽古ばかりだったら 良いのにね と 同じ思いだった

今年初めてのお稽古なので 月謝納めた あと1回だけど 同額

地区大会の券も買わされた  これで2万円  あと 支部総会の券 清風茶会の券 月釜もあるし 偉い先生方は 何処で手に いれられるのか  もの凄いお道具が出てくる

私がやっと 手にいれたものなど 足元にも及ばない  そんな世界なのである

明日は 月1回の我が家での 仲間とのお稽古日

一応 初釜になるので  それなりの準備はしている  お点心とお椀盛りは 今から手作り  明日 雪だけは降って欲しくない

楽しい1日にしたい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

橋 幸夫

遠山の金さん 1979年頃の テレビ番組 

なんと こんなのが 新台として出てきた

普通の台と 今は デジパチという 7ラウンド当たる 遊びやすい機種がある

一昨日は 20日で とにかく 多忙で 7時頃まで事務所にいた

家へ戻ると 飯まだか 今すぐするから あわてて夕飯すまし 主人は いつもの

ホールへ出かけて行った

私は かたずけと明日の下ごしらえして 今日作成した請求書出しに 雨の中郵便局へ

時間は9時をまわっていたが  途中にある あまり行ったことのない ホールへ寄道した

そこに この台があった 時間が時間なので 客も少なく 一番当たりの数の多い台に 座った  ほどなく 当たり  橋 幸夫 の 実写と軽快な歌が流れる

連チャンは しないが 少しまわすとまた当たる  おもしろい ストレス発散にピッタリ

なんと 潮来笠 この曲が 3回 聴けた  若い時の映像と歌 るんるん気分

10時30分 このへんで やめ時  トイレットペーパー ティシュペーパー 洗剤 主人のたばこ1カートン  品物もらい おまけに 現金まであった  少ない投資で大満足

今日は 頑張った ご褒美かな  運転しながら さっきの歌口ずさんで帰ってきた

 そして 今日 これまた 取れるとおもってなかった工事が 落札してしまった

今の入札は 儲かる額ではまず不可能  でも 実績のため 無理も強いられる

県建設部へ走り  早速契約書作成を  事務員に頼み 私と息子は その前に 市役所の工事 落札していたので  地元自治会長 ほか 組長さんへ 回覧してもらう 工事予定文書配布に 出た  市営住宅の浄化槽解体工事なので 騒音やら 迷惑が多いので 事前のこういう対処が とても 重要  戸数が多いので 半日かかった

今日も 疲れた 

今の時期 3月末工期がほとんど 一番忙しい時である

まだまだ 楽はしておられない 商売とは もっともっと 大変な苦労がある 

風邪ひく暇ないが 注意しなければならない

それにしても 主人は よく働く 身体鍛えてあるから でも 歳考えて欲しい 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

必要経費?

最近 何故か お金がでていく

昨年 還暦茶事をするのに 今まで 集めたお道具の数々 では 役にたたず 新たに   買った  押入れに入りきらず よどこう物置に満タン それでも増えて 大きい物は 倉庫にいれていたが 今回は  箱書付の高価な物である

掛物 家元直筆の掛け軸  80万円  少し前は100万だったが S園に頼んで売り出しの時 予約してあった  静養千年寿

お茶入  濃茶をいれる 陶器の壷  時代物で仕服3枚つき  40万円

お棗  これは 以前に手にいれてあった 住吉蒔絵 花押つき

お棚  今回祝いのため  いくつかもっているが 寿棚がふさわしいと 花押つき 35万

あとは あんまり  豪華な物ばかりでは 釣り合いがとれないので  花いれは 竹の五つ節  お茶杓は 主人の還暦のとき 感謝の気持ちを込めて 東大寺二月堂 お水取り  の松明で作ったもの 銘は  こころ  水指は 翠嵐 総青海波  浅黄交ち  お茶碗は 沢山良いものあるので  要らないと思っていたが  やはり  濃茶碗がいまいち   仕方なく  K向十三軒のを買った  50万円  これは お客様の委員長様が 100万するのではと 驚いてみえたが  昔はそれほどだったらしい もちろん 箱書付

このような物は  残る物なので 財産として価値はある

この他  炭斗 白鳥のお羽根  きりがない お茶には 満足は通用しない

だから 安物でも 気にいった物を 沢山集めて 学茶で生徒用に使っている

まだあった  本懐石の器類  以上おく場所 これらは 2階の和室へ 保管した

無事 還暦茶事済ませた時は 亭主7部 客3部 と 言われるくらい 料理から手作りなので その満足度は まさに 一期一会 

もうこれ以上 お道具は 増やさない  つもり でも 子年だけではない 季節もある

この世界は はいったら 地獄  だから 学茶のほうへ向いていった

話は変わるが 次男の家は 急に 結婚が決まったので  程度の良い中古家を買った

トイレ2個 カーポートなどは その時 新しくした

昨年末  孫たちいない時 前から シンクを新しくしてやりたかったので 100万かけて 取り替えた

今年になって  突然 我が家の 給湯器が壊れ 主人がお風呂はいろうとしたら お湯が半分しかなく 裸で 寒い寒いと ふるえあがった  長男たちは 別棟で エレベーターつきの家を 建ててやったので そちらへいけば はいれるのだが その夜はやめた

早速翌日  業者よんだが 12年もたっているので 修理不可能  30万円で その夜  入浴出来た

重なる時は  こんなもの  これで しばらくは  物入りはないと思う

この不景気のご時世  何が起こっても不思議ではない 当社の未来は?

注訳  お道具は  海外旅行ほか 仕事一途で 何処へも  行く機会のなかった私の

     蓄えていたお金で手にいれた 財産

まだあった  お華の許状代 13万円  先生への御礼 同額  この世界もこんなもの

まるで やくざの上納金と同じ 茶名 戴いた時30万円 納めている 先生への礼含む

こんなこと 公になったら大変  無言の常識  

| | コメント (1) | トラックバック (0)

引き際

昨夜 お通夜 今日 告別式に 行ってきた

同じ町内の 81歳になるNさんは 元警察官ということもあり 20年間  交通安全協会の役員として また  最近は 白寿会の会長として とても地域のために  尽くされた

昨年 身体の具合が良くないとのことで 安協を辞めたいと申し出があり その後 入退院をくりかえしてみえた

年末には 白寿会のかた10人ほど 自宅へよび 後のことよろしくと 言われたという

今年正月あけに 救急車で運ばれ 最期となられた 几帳面な性格で きちんとご自分を整理され 潔い結末には つくずく 頭が下がる ご冥福をお祈りします

昨年12月の中旬 うちの従業員である 主人の叔父さんが 急に体調おかしいと病院へ行ったら 即入院 24日に 胃を半分切除する大手術をした

叔父さんの長男は 私達夫婦がお仲人していることもあり  久しぶりに会った所が病院とは 皮肉なものだ  その後順調で つい最近 退院された

しかし もう仕事は無理と 医者に言われ 自分も納得して 退職となった

代わりを捜すのに ハローワーク行ったり 何人か応募もあり 今年1名正社員として雇用した 退職と新規の 手続きで 私の仕事は多忙すぎるほどだった

さて 本題

私のお茶の先生は 86歳になられるが 足腰痛いだけで いたってお元気 なのだが  昨日午後 仕事していたら 突然お電話  今日お稽古誰も来ないが どうなっているのか と いう内容 先週初釜の時 18日はご主人の7回忌で 用意があるので お休みと先輩からの連絡でした と 申しあげると そんなこと言った覚えはない 今からでも 来るようにと すみません 仕事してますし 今晩お通夜があるので 参れませんと断った

すぐに 先輩にメール すぐ電話あり 貴女へもかかったの ごめんね 先生自分で決めたこと 最近 ことごとくお忘れになり 困ったものとのこと

じつは だいぶ前から こんなことよくあった 初釜も 先輩達はとても大変だったこと 私も実感している  お稽古も 大事な 相伝物は 専門書 ネット検索でもわからず 直接教わるのが前提なのだが めちゃくちゃ  仕方ないと思う いずれ皆歳とるのだから

はっきり見切りつけて やめた方もみえる 籍だけおいて 休んでみえる方もいる

土曜日の者は 全員仕事持ちなので なんとか続いているが 難しい事態なのだ

事実 私も 辞められた大先輩に お願いして 月1回 仲間とお稽古している

先生には 私とおなじ歳の娘さんがみえるのだが 東京に嫁いでみえるため 大きなお家でひとりでいると お寂しいのだ 社中が行くと 嬉しくて 稽古より世間話ばかり

後継者を決めてみえない  それが 問題

私達も 皆同じことがいえるが 潔く最期のNさん  納得の退職の叔父さん

我が家も うまく 長男に 引継ぎできるよう  願ばらねば  引き際がとても 重要だ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MY MEMORY

40の手習いで 華道 茶道 (独身時代少しは習っていた)を始め

60歳で メール ブログ (ある人との出会いから)をするというより  できるようになった

それ以外は 仕事一筋 そのために必要な資格は ほとんど取得した

そんな人生の節目の還暦の昨年 運命的に ある人と出会う  何故かわからないが 直感だった 初めて見た瞬間 心の中が動き 自分から声をかけてしまっていた

おそらく相手は さぞ驚いたことと思う 馬鹿じゃないのかと

それからは 中途半端が出来ない性格なので 夢中になると一途だった

主人が驚き 若返ったと言ってくれる程 でも 仕事他 手は抜いていない

過去を食べる老人(ある人曰く) とは思いたくないが やはり 青春時代とのかかわりが 節目に 脳裏に湧いてきていたのだ

気が付いたのは ブログの最初の文章 何故か初めに書いた あの機種が新台で出たのも 偶然か 必然か 不思議なのだが

1961年 中学1-2年の頃の多感な年頃 あの時代に憧れた人 彼は 自称 若大将だった 彼の影響は大きく その後 結婚するまで 断ち切れなかった

四高の時は ヨット部にはいっていたが 2年生で 北九州市へ転校した私は ずっと想い続けていた (昨年 再会した友人は 全てを知っている)

銀行へ就職した時も 毎年夏期休暇には 四日市に戻り 東京の大学へ行ってた彼も 戻り 会う機会はあり 文通続けていた

思い出したのだ 彼の手紙の書き出しが 「旅人よ」の歌詞で始まっていたことを

ある人のブログを 暇をみては 覗いていたら N中也 ギターの専門用語 もちろん Bバンド 懐かしくて仕方がなかった  まだ自分では 気付かなかった

私の出会った人は とにかく 人間的にとても完成されていて この歳で教わることばかり 歳甲斐もなく 楽しい日々をすごさせてもらった 感謝している

決定的なことが 年末のHPでおこった

2月のライブは てっきり 采女のGと思い込んでいたが 違った

朝日町のバー  この場所が何を意味するか この店のことは正直知らない

中学時代 この辺りは 彼とよく歩いた所  彼の実家は朝日町

もうこれ以上は書けない 今の自分を見せたくないし 会いたいとも思わない

今は Sバンドのライブで 元気を与えてもらい 夢を持ち続けたい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無事 退院

やはり ひとり 誰かが悪くなると こんなにも 生活への影響があるのか 今回痛い程わかった 大した手術でもないと思っていたが 術前説明1時間 翌日ICU出て 個室へ戻るまで6時間 本人口がきけない 痛くて身をくねらせてばかり 何もしてやれないもどかしさ

毎日仕事の段取りしてから 病院へ

日にち薬とは よく言ったもので だんだん状態も良くなり 9日の夕方 点滴がとれた

10日は 特に来なくてもいいよ と 言ってくれたので 正直ほっとした

初釜は 社中全員が1年に1回集まる  お茶の正月

先生も86歳になられ 先輩が ほとんど 段取りしてもらって 私も 役割分担聞いていたのだが 前日に 皆事情があり お伺いしなかったので 機嫌が悪く 病院にいる私にまで 電話 当日 先輩ほか みんなに 電話されたこと知った

10日は朝から 吹雪で なんとか 八田町のS園まで行き 朝から準備  先生のお迎えは 若い男子の役目  今までは 前日準備して  当日はお昼の懐石を戴いて かたずけして終わるのが  2日も皆余裕がないので  1日で全部済ます予定になっていた

それが お気に召さず かみあわない あわただしい 結果で 一応終了した

先生先にお送りして  かたずけ終わり 準備係り  出たのは ため息ばかり

来年 どうなることやら  皆で話していたら もう5時  解散

あわてて 弟に電話して 今から 桑名行こう

新春初ライブ 行って良かった  この日の大変な気分が 全部 吹っ飛んだ

狭いお店だが これが ライブの醍醐味なのだ ファンもたくさん

全員が楽しめる こんなの初めて  残念ながら 最後まで 見られなかった

11日 朝から病院へ行くと だいぶ良くなっていて もっていった苺全部食べ 明日退院

12日  10時まで仕事して  お華の新年会 こちらは フルコースのお食事戴いて とっても楽しいひとときを すごさせてもらい 2時解散  すぐ病院へ  退院の準備していた息子と  無事自宅まで帰ってきた  やれやれ まだ1週間は 無理をしてはいけないのだが  明日から 役所へ出勤するという  

ようやく 我が家へ戻った この1週間 鈴鹿四日市 何度往復したか ホッとした

疲れたー  歳だなー  自分たちが病気になったら と つい 先のこと考えてしまう 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年の事情

お正月も 済んでしまえば ひとつ歳とっただけ

明日から仕事始め  今日はお重やら 台所をかたずけている

ただ 事務所と床の間の お鏡餅だけは 花とともに 鎮座したまま

実は 明日次男が入院する 6日に手術  扁桃腺がもともと弱く  昨年も 家族全員そして 最後に私が5日間も 点滴うけるはめになった

今年は孫も1年生になるので この際こういう予定を 早くから決めていた もうひとつ

次男がいびきがひどく 夜中に息が止まる 無呼吸症候かもと 看護師の嫁さんが言うので 私が1日連れて 検査に行った結果 それも確定し 手術するのが良いと言われた

それで 孫たち 早めのクリスマス4人いっしよにと 計画したが ひとり水疱瘡の治りかけで うつすと大変 別々にした こういう事もあり  皆同じようにしようとしても 困難

明日からのことは まだわからないが 無事うまくいくよう 願っている

今後の予定

8日     法恩講

10日    初釜  Sバンドのライブ  どちらも入院中のため 未定 だが行きたい

12日    お華の新年会 都ホテル 今回資格がひとつ上がるので 納金のため出席

13日    朝安協  交通整理

以上 仕事とうまく組み合わせて なんとか頑張らねば  健康第一がモットー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009謹賀新年

忙しかった大晦日も 一夜明ければ  おめでとうございます~と 孫の声 今年一年生になるので 元気がよい したの子は女の子3歳だが これまた可愛い声で おめでとう

じいちゃん ばあちゃん 至福の瞬間 はい お年玉と二人にあげる うえの子は 早速

かあちゃんあけてもいい? パパおもちゃ買えるかな?  嬉しそうにこっそりあける

実は昨日私の弟がきて おいていった分と 2袋ある 500と500たすといくら?

パパ曰く 0の数ちゃんと数えやなあかんよ 

いちにいさん いくら? 5000と5000で1万円  やったあ かあちゃんおもちゃ買えるね  じいちゃんに聞いてからにしな  朝からこんな会話ではじまった

お雑煮を食べる前に皆で 仏壇に手をあわせた

その後 お墓まいり 地元の神社へ  ここでは 知人にたくさん会う 挨拶ばかり

参拝をすまし 氏子のかたが振る舞う甘酒をおいしく戴いて 門松の前で撮影すまし帰る

毎年元旦の変わらぬ風情 

おかげさまで 皆元気で 良かった  その後息子たちは 奥さんの実家へ

主人と私の父母のお墓参り 帰りに 私の叔母の家により お孫さん3人に お年玉

今年は 次男たちが来ない いろんな事情で 孫たち 年末早めのクリスマスすまして 兵庫県の奥さんの実家で お世話になっている 次男は昨日 おせちとりにきたが 嫁は仕事 母屋と新家では 何かにつけて 異なることがある 私も母屋の嫁として 37年大変な思いをしてきているので 出来るだけ 気は使っているのだが

今年の事情は  また 後日    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »